ピアノ高く売るなら

ピアノを最高額で売る方法です!

同じピアノでも売値は変わります!
せっかくのピアノを最高額で売る方法です

ズバット ピアノ買取比較はコチラ

ピアノを使う仕事の種類

ピアノを使う仕事にはどのような種類があるのでしょうか。まず、あげられるのがプロのピアニストではないでしょうか。類まれな才能と、努力で得た技術、そして数少ないチャンスをつかみ取れる強運があれば夢ではありません。

 

 

ステージで演奏する華々しさはあまりありませんが、確実に需要があるお仕事にレストランや結婚式場などのセレモニーでの演奏者があります。高度なスキルはそれほど求められませんが、リクエストに応じられるくらいの応用力とレパートリーがあれば務められるお仕事です。

 

 

また、ピアノの技術を活かした仕事には、おなじみのピアノの先生があります。ピアノ教室を開いたり、音楽スクールに所属して講師として働くこともできます。保育士や幼稚園の先生もピアノを使う仕事として人気があります。こちらは、童謡音楽やポピユラーな音楽を要求され、自身も歌いながらの演奏になるので器用さが求められるお仕事です。

 

 

編曲や作曲のスキルがあるのであれば、フリーの作曲家という道もあります。今の時代なら、スマホアプリの音楽提供などの需要もあるでしょう。また、映画やドラマ、CMなどの音楽作りもできるかもしれません。このように、ピアノの技術を活かせるお仕事には沢山の種類があります。

 

 

ピアノを使う仕事に就くには

 

ピアノで仕事するのに契約を行わなくても音大を出ているという肩書きがあれば、個人教室を自宅で開くことは可能です。ヤマハ・カワイなどの研修を受け、契約会員になれば、指導員として認定さて、看板をつける際にもバックアップがあります。生徒さんのために1年に1回発表会を行う場合、講師仲間と合同で発表会を開催したり、生徒さんが多ければ1人でも運営していけるようになるでしょう。他に結婚式場・レストランでの演奏、個人リサイタルを行うなど副業として、あるいは転職する方も稀にいます。どの職業でも仕事量がコンスタントでないため、その仕事だけで家族を養う生活が成り立つというのは難しいかもしれません。配偶者がいる場合は丁度良い仕事量になりますが、子育てしながら続けるには周りの協力を得ながらとなるので収入面・稼動効率で自分にとってバランスよく続けられるかは人それぞれです。保育の現場でもピアノが必須という幼稚園・保育園があります。またヤマハ音楽教室では個人レッスン講師と音楽教室システム講師といってグループレッスンを行い、エレクトーンとピアノ両方弾ける方も募集しています。講師試験に合格した後、あらゆる研修を受け、基本的に指導者グレードという資格を持っていることが必須です。

ピアノの査定が約1分で可能です!!

たった1分で査定が完了!
複数査定をするだけで高額で売る事が可能

ズバット ピアノ買取比較はコチラ