ピアノ高く売るなら

ピアノを最高額で売る方法です!

同じピアノでも売値は変わります!
せっかくのピアノを最高額で売る方法です

ズバット ピアノ買取比較はコチラ

ピアノを弾きすぎて腱鞘炎になったら

ピアノの練習につきものなのが腱鞘炎です。長時間の練習や、無理な姿勢、あるいは大きな音を出そうとすると痛みや腫れを引き起こすことがあります。筋力の弱い女性や子供、または演奏に慣れない初心者の方や長く演奏から離れていた方も腱鞘炎を起こしやすいので注意が必要です。日常生活に支障がでるほか、悪化すると手術をしなければならないこともあり、演奏者にとっては大変なリスクとなります。
腱鞘炎により練習を休むと実力が落ちてしまうという不安から、無理をして練習を続けてしまう方もいます。発表会やコンクールを控えていればなおさらです。しかし無理をして酷使していては治るものも治らなくなってしまいます。症状が出たらとにかく安静にし、スマホをいじるなどのピアノ以外のことも極力控えるようにしましょう。必要があれば医師の診断をあおぎましょう。
腱鞘炎を予防するためには、まず練習中に休憩を何度かはさみ、過度に負担をかけないようにします。腕の筋肉が疲れてきたなと思ったらすぐにストップし、ストレッチでほぐしましょう。いつも痛くなるようであれば、弾き方や姿勢、椅子の高さなどを見直してみる必要があります。力押しで強引に弾き続けるのは故障のもとですし、何より良い音が出ません。苦手意識のある箇所は力みが生じがちですので力を抜くことを意識し、身に付くまでは小さな音で練習して感覚を掴んでから徐々に音を強くするようにすると負担を軽減できます。
悪化・再発を繰り返さないためにも少しでも違和感があったら休みましょう。その間腱鞘炎を起こす原因を客観的に探るのも有意義な時間の使い方です。

 

 

 

ピアノで腱鞘炎になった際の治し方

ピアノを熱心に練習すればする程、手や手首の筋肉痛、さらには腕のしびれ等いわゆる腱鞘炎になってしまうという経験をされる方は多くおられます。
このような時に一番大事なのは、まずは一旦練習を中断して休憩をとることです。
単なるだるさや疲れであれば湿布や軟膏、スプレー等市販の外用薬で手当てし、大事をとればわずか数日で治まってしまったといことも多々あります。
外用薬は炎症の急性期には大変効果的なのものです。
そして痛んだら早めの対処といのはあらゆる治療の基本です。
それでも治らない腱鞘炎であれば整形外科、もしくは手の外科医を受診します。
病院では外用薬の他に内服薬、ステロイド注射、さらに重症化している場合は手術が適用されることもあります。
しかし運悪く手術しなければならなくなってしまった場合には、手の感覚が変わったしまったり、後遺症が残ってしまったりといったリスクさえ伴う可能性だってあるのです。
そこでピアノが原因の腱鞘炎の治し方として最も有効的なのは、そもそもが腱鞘炎にならないような対策をとるということになるのです。
練習前に指や肩、背中などを入念にストレッチしてほぐす、無理な力が入った奏法を改める、休憩を挟むなどして心身共に余裕を持ったスケジュールにする等、意識してそれまでの練習法を改善するだけでも手や手首への負担は桁違いに変わってきます。
ピアノと長くお付き合いしていく上では、長いスパンで「自力で腱鞘炎を解消する」というスキルを身につけていくのが一番の早道ということなのです。

ピアノの査定が約1分で可能です!!

たった1分で査定が完了!
複数査定をするだけで高額で売る事が可能

ズバット ピアノ買取比較はコチラ