ピアノ高く売るなら

ピアノを最高額で売る方法です!

同じピアノでも売値は変わります!
せっかくのピアノを最高額で売る方法です

ズバット ピアノ買取比較はコチラ

ピアノクリーナーを購入する時のお勧め商品

ピアノのクリーナーを購入する時のお勧め商品は、自分が所有しているピアノにあった成分が含まれているものであればどれであっても構いません。というのも、成分によって不具合が起こってしまうからです。
ピアノのクリーナーでは、含まれている成分によっては、本体の塗装を剥がしてしまったり、傷つけやすくなってしまったりするものもあります。クリーナーに含まれている成分と塗装に含まれている成分とには相性があるのです。そうした事態を防ぐためには、まず、どの種類のピアノを持っているのかということと、塗装に使われている成分はなんなのかということを事前に調べておきましょう。そうすることで、大切なピアノが傷つくことを避けることができます。成分がわかった後に、クリーナーを選んで購入するようにしていきましょう。
分からない点があれば、クリーナーを販売している店舗やメーカーなどに問い合わせをしてみましょう。なんとなく選んでしまうと上記に述べたような事態が発生してしまう可能性があるので、疑問点が浮かんだ場合には、必ずそれを解消できるようにしておくことが大切になります。そうすることで、ピアノを綺麗な状態で保つことができるようになります。

 

 

ピアノクリーナーを利用する際の注意点

 

ご自宅のピアノをお手入れする際、塗装面に関してはさほど難しくありません。表面についた埃は専用の毛バタキや柔らかい布で軽く払えばいいだけです。つや消し・半艶仕上げの場合は、力を入れて磨きすぎると艶が出てしまう場合がありますし、小さな埃がキズの原因になるため、やさしく磨くようにしてくださいね。
しかし、問題は鍵盤をお手入れする際。清潔な手で弾くというのはもちろんですが、多少の汚れであれば使用後に柔らかい布でこまめに拭けば大丈夫です。ただ、長年使用して徐々に汚れが溜まった場合に関しては、中性洗剤を軽く染み込ませた布をかたくしぼって拭きとりましょう。
それでも白鍵の汚れがひどい場合、黄ばんでいる場合は白鍵専用クリーナーである、キークリーナーの使用をおすすめします。注意点としては、その際黒鍵に付かないようにしましょう。また、使用後はキークリーナーが鍵盤に残らないよう、乾いた柔らかい布で拭き取ります。さらにもうひとつ注意点として、キークリーナーが使用できない鍵盤もあるため、白鍵上面に使用されている素材が何なのかを必ず事前に確認するようにしましょう。よく調べもせずに使用して、ピアノの鍵盤を傷めてしまわないように。

ピアノの査定が約1分で可能です!!

たった1分で査定が完了!
複数査定をするだけで高額で売る事が可能

ズバット ピアノ買取比較はコチラ